2016年09月10日

亜鉛(ZINC)は、髪の毛にいいのか?

亜鉛(ZINC)は髪の毛と密接な関係があります。

亜鉛は髪の毛を成長させる成長ホルモンの分泌を助ける役割りがあります。

髪の毛はたんぱく質でできており、亜鉛(ZINC)はたんぱく質の合成に重要な働きをするので、髪に亜鉛は良いと言われています。

又、髪の毛の成分のたんぱく質の新陳代謝を促す役割もありますので、亜鉛を摂取することで髪の毛が早く伸びると言われています。

亜鉛は、抜け毛や薄毛の原因であるDHTを生み出す【5αリダクターゼ】の抑制にも効果があるとされています。

【5αリダクターゼ】とは、
5αリダクターゼは、男性ホルモン(テストステロン)を、より強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)に変換する酵素です。

AGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼと結びつくことによって、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのが原因で起こるとされてます。

作られたジヒドロテストステロン(DHT)は、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結びつき、髪の毛の正常なサイクルを狂わせてしまうのです。

男性ホルモンであるテストステロンは、骨や筋肉、精子の生成、性欲上昇といった男らしい体を作る大切な働きがあるホルモンです。

でも、5αリダクターゼには、このテストステロンを補助する役割を持っており、健全な体をつくるにはなくてはならない存在なのです。

このように意味があって存在している5αリダクターゼですが、髪の毛にとってはマイナスに働いてしまいます。

----------------------------------------------
○ Zinc(亜鉛)
1日15mg〜50mgを補充する事で、発毛が促進されるという研究結果が多く発表されている。フィンペシア。ミノキシジルタブレットと一緒に摂取するとより効果が期待できます。

          ⇓
ジンク(ZINC)50mg
----------------------------------------------
ぽちっとよかったら、応援してください。
⇩   ⇩   ⇩

にほんブログ村
posted by はげぴょん at 23:52| 亜鉛は、髪の毛にいいのか? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする